2007年02月

今後のユーザーの消費行動の流れである、注意(Attention)→関心(Interest)→検索(Search)→行動(Action)→共有(Share)の頭文字を組み合わせたマーケティング用語。Googleやamazonの登場で、情報の検索と共有が購買意欲に大きく働きかけるとされる。 (月刊ASCII3月号126p) A→ ...

1月初旬に会社のPCを新調してもらったのですが、梱包の中にWindows Vistaアップグレードの案内が入ってました。3/31までに専用ウェブサイトで手続きすると割安でアップグレードできるそうなので、早速手続き。 英語のフォームなのでこわごわ入力しましたけど、無事に登録完了 ...

データをリアルタイムでバックアップ 首都圏被災時の事業停止リスクを最小化 「沖縄県は、当社のお客様として消費高が一番高い。そういった意味でも沖縄になんらかのお返しができれば嬉しい」とカルビーの中田康雄社長(月刊アスキー2月号) カルビーのお得意様が沖縄県民だ ...

POLAR BEAR BLOG: BBCのウェブ15原則 詳細不明なのですが、英BBCが提供するサービス/WEBサイトをリニューアルする"BBC2.0"というプロジェクトが進んでいるのだそうです。で、それに携わっている方が「BBCのウェブ15原則」なるものを起案中で、承認前の草案をブログで公開され ...

H-Yamaguchi.net: マスメディア広告がネットの「前座」になっている件 そうなんっすよね。 「○○で検索してね」とか「続きはwebで。」みたいな広告がだいぶ目につくようになった印象です。 あれ?主従が逆じゃない?と思うことが何度かあったような気がするんですが、もう ...

↑このページのトップヘ